【ちょっと役立つ!】桃をきれいにむく方法

こんにちは、yumiです。
オリンピックも始まり、すっかり暑い日が続く今日この頃…
暑いのが苦手かつインドア派な私は、室内で夏を満喫したいタイプです。

夏といえば海、風鈴、かき氷…色々ありますが、夏のフルーツといえば、みなさん何を想像しますか?
メロン、梨、ブドウ、スイカ…パッショングルーツやマンゴー、ドラゴンフルーツ等の
南国フルーツも良いですよね♪

私は夏のフルーツの中ではダントツに桃が好きなのですが、桃って綺麗にむけない…という話をよく耳にします。
そこで今回は、桃を綺麗にむく方法をご紹介しようと思います!

 

桃の剥き方

用意するもの

まずは道具を揃えましょう!
使うのは、

1、ペティナイフ(普通の包丁でもOK)
2、ティースプーン

以上です!桃の色が変わってしまうのが気になる方は、
氷水にレモン果汁(ポッカレモンやクエン酸で代用OK!)を入れた、
色止めのお水をボウルに用意しておいてください。

 

食べ頃の桃の見分け方

さっそく桃をむき始める…前に、桃が食べ頃になっているかを確認しましょう。
桃のお尻を指で優しく押してあげて、少し柔らかくなっていれば食べ頃です。

桃は少し押しただけでも痛んでしまうので、上の方を押してしまうとそこから痛んでしまいますので要注意!
売り場に置いてある間にたくさん押されて痛んでしまって、
上の方は柔らかいけど下の方は硬い…なんてちょっぴり悲しい桃もあります。

 

桃のお尻に切り込みを入れる

食べ頃なのを確認したら、桃を剥いていきましょう!

まずは桃を水で洗います。
軽く水分を拭き取ったら、桃のお尻の部分にペティナイフでぐるっと切り込みを入れます。
おおよそ円形になっていればOKです♪

 

種を抜く

先ほど切り込みを入れた部分から、ティースプーンを差し込みます。
差し込むと、種があるのがわかります。

スプーンを上下させながら種に沿わせるように動かしていきましょう。
ちょっとずつ動かして、種に沿ってぐるっと一周させたら、一度スプーンを抜いてみてください。
まだ種と身がくっついている部分があると思うので、そこをさらにスプーンでグリグリ。

身と種が剥がれたら、スプーンを引き出すと…
綺麗に種がくりぬけます!

 

5.皮を剥く

ここまで来れば後はとってもカンタン。
ペティナイフで皮を剥いていきましょう!

穴を開けたお尻の方から、皮を持ち上げて引っ張るだけでツルっとむけます。
(桃によってはそれでは剥けない子もいるので、その場合はリンゴなどと同じようにむいてしまうか、
沸騰させたお湯に一瞬潜らせると簡単にむけるようになります!)

6.完成!

この通り、綺麗に形を保ったままむくことができます。
切って食べるもよし、丸ごと食べるもよし。
桃を使ったお菓子にするのにも最適です!

ステイホームが続く夏、みなさんも是非試してみてください!

 

Yumi

Yumi

「お客様らしさ」を形にする お手伝いが出来れば嬉しいです。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP