チラシとデザインと折込と日本文化と

日本人は

善くも悪くも

曖昧な表現を大切にしてきた

 

例えば

夜から朝にかけての時間帯を

表す日本語は

夜明け・暁・東雲・曙・黎明・彼誰時・・・など

たくさんある。

厳密には

それぞれに違いはあるのだが

これは

夜でもない

かといって朝にもなってない

微妙な境目を大切に思う

日本文化の現れだと思う

 

 

 

今日のお昼に食べた

ふわふたたまごのハヤシライス

たまごが焼けているともいえない

かといって生ではない

この曖昧な状態を食している時

日本人で良かったと

心の底から思うのでした。