広告デザインとかやってるヤツラの昼飯って…(後編)


 
今日もハラペコな読者の皆様、コンバンニャー。
~前回までのあらすじ~
近所のネコの「他人のランチが気になる」という意見を聞いた筆者はさっそく
タツオポン酢研究所へ飛んだ。そこで筆者がみたものは・・・
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
・・・筆者が研究所へ着いたのは12:20頃、ちょうどひとりの研究員が、
研究の合間に行っていると思われる広告デザイン制作の手を止め、
キッチンの方へ向かっていき、なにやら作業を始めたようだ。
あわてて筆者もキッチンに向かおうとしたところ、突然事務員の方に
レッドカードを出され、むなぐらをつかまれた。

 
キッチンは部外者立ち入り禁止になっているらしい。どうやら研究に関わる重大な秘密が
隠されているようだが、今日の獲物はあくまで「研究員のランチ」なのであるから、
事務員に対して丁重にお詫びをし、ポケットのビスケットアレして
なんとか事務員の怒りを収める事に成功し、退場を免れる事ができた。
 
そんなこんなしているうちに、さっきの研究員が両手に何かを抱えて席へ戻ってきた。
筆者の長年の取材経験から、それが「ランチ」である事は明白だった。
素早い動作でミンティアケース(小型カメラ付)を取り出し、研究員がいままさに
食べ始めようとしている「ランチ」の激写に成功した!! それがこれだ!!!
 

 
『炭水化物キターーーーーーーーーー!!!』
 
※あまりの凄惨さに多少画像の加工を施した事を読者のみなさんにはご理解を頂きたい。
(竜)