明日のために(その2)

うわ〜イカツイなぁ。

またまたブックカバーを作ってみました。今回は「THE STORY OF CRASS」という1979~84年まで活動した
イギリスのCRASSというバンドの評伝です。30年近い過去に存在したバンドの評伝がなぜ今頃?
と思われるかもしれませんが、それはこのバンドが存在が特別だったからだと思うんです。

「反戦」「反核」「反暴力」「反性差別」(「反」だらけですが・・・・)等を掲げて活動、歌詞が過激すぎて
レコード会社から曲を削除されしまった為、自分達でレーベルを立ち上げて
一般的な金額より格安の価格でレコードを発売。

ジャケットのアートワークにもメッセージが込められ、
それによりどの印刷所からも引き受けてもらえず、印刷機を自分たちで購入して印刷。
そのため、なかには売れる度に赤字になってしまうレコードもあったとか・・・・

 

凄い・・・凄すぎる!

 

DIY精神で世の中に発信し続けたこのバンドは世界中のカルチャーに影響を与えました。

 

デザインに関わりのある方ならご存知かもしれませんが「CRASS」というフォントもあるくらいです。
それはこのバンドのロゴの書体(ステンシルで描かれている)からきてるんです。

どこにも出かけず、GWで読破しましたよ!

信念でガッチガチのバンドかと思っていましたが、飾らずキサクなところもたくさんあり、
「感動&発見」もこれまた多く、読み応えはジューブンでした!

 

またまた「何か」を創りたくなってきた・・・・

【TAKA】