続・デザインを探しに・・・

 

またまたミッドタウンまでデザインを探しに行ってきました。

 

今回は「2013年度グッドデザイン賞受賞展」です。

 

13年度のテーマは「釣り合いの美」です。

一瞬で目を奪われるようなデザインではなく

使う人と同じ環境にあって調和が保たれ、すっと心になじむもの。

 

 

 

ジャンルを越えた盛沢山の展示・・・・見応え十分でした。

欲を言えばプロダクト系が多かったので、もっとグラフィック的なものがみたかったな。

 

だけどこの日、僕が一番に楽しみにしていたのは

 

グラフィックデザイナーの原研哉さん、建築家の隈研吾さん、ジュリア・ファングさんのシンポジウム

 

ARCHITECTURE FOR DOGS


「犬のための建築」をめぐって


これに参加できただけでも行った甲斐がありました!

あっという間の2時間。 内容は多岐に渡りましたが、どれも中身は濃かった・・・

 

その中でも隈研吾さんが

 

「錬金術士というのは最初から金など創り出せるワケがないと知っていた

ただ、金をつくるプロセスが“金”だという事は分かっていた」

 

ということを話されていてそれが僕の中では響きました。

実際、錬金術の試行の過程で、硫酸・塩酸・硝酸などの化学薬品が発見されたそうです。

 

ちょっとガラにもなく真面目な話になってしまいましたが

昨日のお酒はもう抜けてます。

 

それでは犬のための建築をご覧ください。

 

 

architecturefordogs.com

 

広告・ロゴ・キャラクターデザイン

印刷・新聞折込のご相談は

(株)京葉広告社までどうぞ!!

 

 

【taka】